サッカー日本代表の歴代背番号10を背負った選手まとめてみた!

サッカー

こんばんは!monです。

今日はサッカー日本代表の歴代で背番号10を背負った選手をまとめていきたいと思います!

ワールドカップ、アジア杯、東アジア杯の試合をもとにまとめましたので、親善試合などは含まれていません。

きっと皆さんにも背番号10と言ったらこの選手!と思うサッカー日本代表の選手がいるのではないかと思います。

意外なあの人も実は10番をつけていた?!

サッカー日本代表で背番号10を背負った選手

スポンサーリンク

大榎 克己(おおえのき かつみ)

プロフィール
生年月日 1965年4月3日
身長 178cm
体重 71kg
ポジション MF/DF/FW
所属クラブ ヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)→清水エスパルス
プレースタイル

ユーティリティプレーヤー

テクニックが優れ、展開力がある。

トップ下・ボランチ・DF・FWと複数のポジションをこなす万能さが特徴であった。

代表歴

1988年にアジア杯で背番号10を任された。

スポンサーリンク

ラモス 瑠偉(らもす るい)

プロフィール
生年月日 1957年2月9日
身長 181cm
体重 71kg
ポジション MF
所属クラブ サージFC→読売クラブ→京都サンガ→ヴェルディ川崎
プレースタイル

繊細なボールタッチから巧みなドリブルを仕掛け、精度の高いラストパスを出す。

「闘将」と呼ばれるほど熱いプレーが特徴である。

代表歴

1992年のアジア杯から1995年のキング・ファハド・カップまで日本代表の10番を背負ってプレーした。

スポンサーリンク

名波 浩(ななみ ひろし)

プロフィール
生年月日 1972年11月28日
身長 177cm
体重 70kg
ポジション MF
所属クラブ ジュビロ磐田→ヴェネツィア→セレッソ大阪→東京ヴェルディ
プレースタイル

視野が広く展開力がある。

左足の多彩で正確なキックからのゲームメイクが特徴である。

代表歴

1996年のアジア杯から2000年のアジア杯まで日本代表の10番を背負ってプレーした。

2000年のアジア杯準々決勝イラク戦で見せた左足のスーパーボレーは今でも鮮明に覚えているほどインパクトがあるゴールでした!まじで鳥肌たった!

スポンサーリンク

三浦 淳宏(みうら あつひろ)

プロフィール
生年月日 1974年7月24日
身長 175cm
体重 73kg
ポジション MF/DF
所属クラブ 横浜フリューゲルス→横浜F・マリノス→東京ヴェルディ

→ヴィッセル神戸→横浜FC

プレースタイル

正確無比なキック精度の持ち主。

切れ味の鋭いドリブルが特徴のサイドアタッカー。

フリーキックの名手であり、日本での無回転FK(ブレ球)の先駆者。

代表歴

1999年から2005年まで代表でプレーしていた。

2001年のコンフェデレーションズカップで10番を背負っていた。



スポンサーリンク

中山 雅史(なかやま まさし)

プロフィール
生年月日 1967年9月23日
身長 178cm
体重 72kg
ポジション FW
所属クラブ ヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)→ジュビロ磐田→コンサドーレ札幌

→アスルクラロ沼津

プレースタイル

テクニックはあまりないがゴールの嗅覚があり、ゴールを量産する炎のストライカーである。

ゴールへの執念は誰にも負けない気持ちで、凄いと思った。

代表歴

1988年アジア杯から2002年日韓ワールドカップまで長きにわたり活躍していた。

背番号は9や11をつけているイメージが強いが、2002年日韓ワールドカップの時は10番を背負っていた。

スポンサーリンク

中村 俊輔(なかむら しゅんすけ)

プロフィール
生年月日 1978年6月24日
身長 178cm
体重 71kg
ポジション MF
所属クラブ 横浜F・マリノス→レッジーナ→セルティック→エスパニョール

→横浜F・マリノス→ジュビロ磐田

プレースタイル

左足のキックの精度は世界レベル!

FKの名手である!歴代の日本代表で一番FKがうまい選手だと思う!

代表歴

2000年アジア杯から2010年ワールドカップまで代表で活躍した。

その内の2003年コンフェデレーションズカップから2010年ワールドカップまでの長きにわたり10番を背負ってきた。

スポンサーリンク

山瀬 功治(やませ こうじ)

プロフィール
生年月日 1981年9月22日
身長 175cm
体重 73kg
ポジション MF
所属クラブ コンサドーレ札幌→浦和レッズ→横浜F・マリノス→川崎フロンターレ

→京都サンガFC→アビスパ福岡→愛媛FC

プレースタイル

独特なリズムで相手の隙間を抜けてくドリブルが特徴的。

シュート力もあり、多くのミドルシュートをゴールへ叩き込んでいる。

代表歴

2008年の東アジア選手権で背番号10を背負っていた。

スポンサーリンク

香川 真司(かがわ しんじ)

プロフィール
生年月日 1989年3月17日
身長 175cm
体重 68kg
ポジション MF
所属クラブ セレッソ大阪→ドルトムント→マンチェスターU→ドルトムント

→ベシクタシュJK

プレースタイル

足元のテクニックが非常に優れており、細かいボールタッチで密集する場面でもドリブルで仕掛けることもパスを選択することもできる。

俊敏性を生かしたプレーが多く、反転ターンは切れが抜群でありシュート精度も高く数多くのゴールも決めてきた。

代表歴

2010年の東アジア選手権から今まで代表選出され続けています。

2011年のアジア杯から10番を背負っている。

スポンサーリンク

興梠 慎三(こうろき しんぞう)

プロフィール
生年月日 1986年7月31日
身長 175cm
体重 72kg
ポジション FW
所属クラブ 鹿島アントラーズ→浦和レッズ
プレースタイル

ディフェンスの裏をとるのがうまく、ここぞの時に点を決めるストライカーである。

代表歴

2015年の東アジア杯に10番を背負って出場している。

スポンサーリンク

乾 貴士(いぬい たかし)

プロフィール
生年月日 1988年6月2日
身長 169cm
体重 63kg
ポジション MF
所属クラブ 横浜F・マリノス→セレッソ大阪→ボーフム→フランクフルト

→エイバル→ベティス→アラベス

プレースタイル

細かいボールタッチからのドリブルや味方と連携しスペースをうまく利用しチャンスを生み出すのが特徴である。

バイタルエリア付近でカットインからのシュートも精度が高く多くのゴールを奪っている。

代表歴

2013年のコンフェデレーションズから今まで代表で活躍しています。

2019年のアジア杯では香川不在の中、10番を背負っていた。

まとめ

日本代表の10番を背負ってきた選手を紹介してきましたが、意外と人数は少なく限られたその世代のスターが長く背負っているのがわかりますね!

その中でも自分の世代では、やはり中村俊輔選手ですね!

数多くの芸術的FKは目に焼き付いて離れません!

ゴン中山も10番を背負っていたのは意外でした!

これからも素晴らしいスターが10番を背負って活躍してほしいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました