どうして泥棒は唐草模様の風呂敷?【チコちゃんに叱られる】

テレビ

こんばんは!monです!

今回は【チコちゃんに叱られる】の

2018年4月20日(金)に放送された分の中から

どうして泥棒は唐草模様の風呂敷?」を紹介したいと思います。

 

この日に放送された問題は、

 

1.ドレミの「ド」ってな~に?

2.(お風呂に浸かったときに)「ゔぁ~」って言うのはなんで?

3.なんで人はペットを飼うの?

4.どうして泥棒は唐草模様の風呂敷?

 

の4つでした!

 

確かに泥棒と言えば唐草模様の風呂敷を担いでいるイメージですね。

 

スポンサーリンク

【チコちゃんに叱られる】出演者

メインMC チコちゃん(声:木村 祐一)
出演 岡村 隆史
リポーター 塚原 愛 アナウンサー
語り 森田 美由紀 アナウンサー
ゲスト

三田 寛子

大竹 まこと

スポンサーリンク

質問『どうして泥棒は唐草模様の風呂敷?』

 

答え

「どの家でもタンスの一番下に入っていたから」

 

解説

解説は、日本風呂敷協会の小山 祥明さん。

 

風呂敷はどの家庭にもある定番品

昔の風呂敷は、無地や縞柄などのシンプルな柄がほとんどでした。

 

でも、明治30年頃に登場した唐草模様の風呂敷は大ヒット商品となり、どの家庭にもある定番品でした。

 

唐草模様は縁起が良く、人気があった

唐草の唐は「外国」、草は「つる草」という意味。

 

図柄のつる草は生命力が強く、茎を四方八方に伸ばしていく姿から長寿や子孫繁栄を象徴しました。

だから、唐草模様はおめでたいもの象徴とされていました。

 

そんな縁起の良い唐草模様です。

 

結婚する時に、嫁入り道具を包むものとしても重宝されていました。

だから、どこの家にもありました。

 

ちなみに4、昭和40年に生産量・人気ともにピークを迎え、180cm幅の風呂敷で年間約150万枚の生産量でした。

 

当時の写真を見ても、多くの人が普段使いに唐草模様の風呂敷を使っている様子もみられました。

 

それほど人気のあった唐草模様の風呂敷だからどこの家にもあったんですね。

 

でも、なんで一番下の引き出しにあったんだろう?

 

手ぶらの泥棒はタンスの一番下から開けるから

泥棒がなんで唐草模様の風呂敷を使っているかは、泥棒の手順と関係がありました。

 

手ぶらで家に侵入した泥棒は、まずタンスに向かい最初に一番下の引き出しを開けます。

 

上から引き出しを開けてしまうと下の引き出しを開ける際に一度引き出しを閉めなきゃいけない。

余計な作業が発生してしまわないように、一番下の引き出しから開けていきます。

 

一般的に、タンスの上のほうに着物や宝石など高価なものを入れておき、下にいくほど普段使いという使い方をしていました。

 

だから、唐草模様の風呂敷は一番下にあることがほとんどだったらしいです。

 

そこで一番下の引き出しを開けて、風呂敷を出して、それから上の引き出しへ。

そして盗んだものを唐草模様の風呂敷に包んで逃げればOK。

 

みんな唐草模様の風呂敷を持っているので、日常の光景に溶け込み、泥棒がカモフラージュできました。

 

当然、漫画に描かれた泥棒の姿も唐草模様の風呂敷を抱えたものになりました。

 

だから、唐草模様の風呂敷があまり使われなくなった現在でも、「泥棒」=「唐草模様」のイメージが定着しています。

 

という理由で、「泥棒が唐草模様の風呂敷なのはどの家でもタンスの一番下にあったから」でした。

スポンサーリンク

まとめ

唐草模様が縁起の良い柄ってことにビックリしましたね。

目立つのに何であの柄なのかって思っていたけど、あの柄だから目立たない時代もあったんですね。

 

その名残で、漫画などで描かれている泥棒の姿が唐草模様の風呂敷を持っているから、そのイメージが残っているんですね。

 

実家では貴重品をタンスの上に入れていた気もするな笑

旅行などの時は、泥棒に気を付けましょう!

 

 

スーツケースはレンタルする時代!【アールワイレンタル】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました