【チコちゃんに叱られる】どうして胴上げするの?

テレビ

こんばんは!monです!

今回は【チコちゃんに叱られる】の

2018年4月13日(金)に放送された分の中から「どうして胴上げするの?」を紹介したいと思います。

 

この日に放送された問題は、

 

1.どうして胴上げするの?

2.(6つのケーキの画像を示して)ショートケーキってどれ?

3.なぜ桜は一斉に咲くの?

4.なんで右利きの人が多いの?

 

の4つでした!

胴上げってうれしいときとかにすると思ってたけど、どうやらルーツは違うみたいです。

 

スポンサーリンク

【チコちゃんに叱られる】出演者

メインMC チコちゃん(声:木村 祐一)
出演 岡村 隆史
リポーター 塚原 愛 アナウンサー
語り 森田 美由紀 アナウンサー
ゲスト

田中 美佐子

佐藤 健

スポンサーリンク

質問『どうして胴上げするの?』

答え

「異常な状態の人をシラフにするため」

 

解説

解説は、民俗学の視点から日本の文化を解き明かす専門家、新谷尚紀 教授。

以前の特番で「おさい銭の由来」について教えてくれた先生です。

 

民俗学的には空中に物を投げるのは悪いものを取り払うという意味

民俗学的には空中に物を投げるのは悪いものを取り払うという意味があるそうです。

 

モミの選別をするときは、ざるを使ってモミを振り上げ中の詰まっていない軽い実(悪い実)を風で飛ばすことで選別していました。

 

そのころから悪いものを取り払うために、胴上げが始まったんだそうです。

 

大晦日の大掃除で胴上げ

この時代には「汚れ=悪いもの」という考え方だったんです。

だから、大掃除で汚れた人は一年の悪いものを全て持った人とされました。

 

そこで胴上げをすることで悪いものを取り払って、新年を迎えられるようにしていました。

 

東都歳時記(1838年)という文献には、江戸時代後期の町の人たちの様子が描かれていて、大晦日の大掃除で胴上げをしている様子が残されているそうです。

 

胴上げで悪いものを取り払うことは、現在でも全国に残っている

新潟県糸魚川市「裸胴上げ祭り」

新潟県糸魚川市では毎年1月に厄落としのために

厄年の人を胴上げをする風習「裸胴上げ祭り」があります。

 

福井県鯖江市「殿上まいり」

福井県鯖江市では毎年2月に厄落としとして胴上げし、

最後は雪の中に放り投げられる「殿上まいり」が行われています。

 

悪いものを取り払う意味が、良いことがあった時に変化

では、なぜ悪いものが取り払う意味で行われていた胴上げが、良いことがあった時に行われるようになったのか?

 

先生の解説では、

「昔は興奮した人が通常の状態とは異なり、悪霊などが憑いている異常な状態と考えられていたんです。そのため、興奮した人から悪いものを取り除いて、通常の状態に戻すために胴上げをするようになったと考えられます。」とのこと。

 

新潟県南魚沼市六日町「婿の胴上げ」

新潟県南魚沼市六日町で行われる「婿の胴上げ」という行事はその考え方に基づいているんだそうです。

 

美しいお嫁さんを貰って興奮状態にある新郎男性を、胴上げをすることで冷静さを取り戻させるために行われているそうです。

 

そうしているうちに「お疲れ様」や「おめでとう」などのお祝いの意味に変わっていきました。

 

昭和40年代の新婚旅行に向かう新幹線のホーム。

50年頃には、同様に成田空港などで胴上げが行われていました。

 

この頃にはもうお祝いの意味になって全国に広がっていきました。

 

スポンサーリンク

まとめ

モミの悪い実を選別する作業から「空中に物を投げるのは悪いものを取り払う」から大晦日の大掃除で汚れた人を胴上げするようになったんですね。

現在でもその悪いものを投げる風習は厄払いとして行われている地域もあるみたいですね。

 

昔は興奮した状態の人は悪霊に取りつかれていてそれを通常の状態に戻すために胴上げをしていたり、意味がどんどん変わっていったんですね。

 

興奮した状態=美しいお嫁さんを貰った婿 の状態を通常の状態に冷静に戻すために胴上げをしたことからどんどん意味が変わっていき良いときにもするようになったんですね。

 

まるで伝言ゲームみたいでしたね笑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました