どうしてドライヤーに冷風があるの?【チコちゃんに叱られる】

テレビ

こんばんは!monです!

今回は【チコちゃんに叱られる】の

2018年5月4日(金)に放送された分の中から

どうしてドライヤーに冷風があるの?」を紹介したいと思います。

 

この日に放送された問題は、

 

1.こんにゃくの黒いつぶつぶってな~に?

2.なんでタンスに小指をぶつけるの?

3.子供はなんで寝相が悪いの?

4.どうしてクジラは大きいの?

5.どうしてドライヤーに冷風があるの?

6.どうして北海道だけ道っていうの?

 

の6つでした!

 

どうしてドライヤーに冷風があるのかな?

私はいつもドライヤー後は暑いから冷やすために使用しますね。

 

スポンサーリンク

【チコちゃんに叱られる】出演者

メインMC チコちゃん(声:木村 祐一)
出演 岡村 隆史
リポーター 塚原 愛 アナウンサー
語り 森田 美由紀 アナウンサー
ゲスト

木村 佳乃

河北 麻友子

滝藤 賢一

スポンサーリンク

質問『どうしてドライヤーに冷風があるの?』

 

答え

「髪の毛をツヤツヤにするため」

 

解説

解説は、山野美容芸術短期大学の秋田留美 教授。

 

髪の毛はうろこ状のキューティクルで覆われている

電子顕微鏡で見ると髪の毛の表面はうろこ状のキューティクルで覆われていて毛先に向けて何枚も重なっています。

 

キューティクルがピッタリ張り付いていると髪の毛にツヤが出ます

 

洗髪するとキューティクルが剥がれやすくなる

洗髪などで髪の毛が濡れるとキューティクルがめくれ、めくれた部分は剥がれやすくて傷みの原因になってしまいます。

 

この状態は髪の毛を構成するたんぱく質が流れ出しやすい危険な状態です。

 

そのため、ドライヤーなどでいち早く乾かすことが大切になります。

 

乾いた冷風をあてるとツヤが出やすくなる

キューティクルは髪の温度が上がりすぎても、めくれて開きやすいという性質があります。

 

これを戻してくれるのが、ドライヤーの冷風です。

 

乾いた冷風でキューティクルを一気にしめることで髪の毛にツヤが出やすくなります。

 

冷風ありだと天使の輪が綺麗に浮かび上がって、髪のまとまり方もバッチリになります。

 

ツヤが出やすい乾かし方

小野田光伸さん(美容師・教授)からツヤが出る乾かし方についてのアドバイスがありました。

風はキューティクルに逆らわずに、根元から毛先に向ける。

冷風のタイミングは5本の指がすーっと通るようであれば冷風に切り替え冷風で乾かしてセットして完成。

多くのメーカーの取扱説明書には髪型を固定してセットするために冷風を使うと書かれているそうです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

髪の毛の性質で、濡れるとキューティクルがめくれて剥がれやすくなり、温度があがるとめくれて開きやすくなるんだね。

 

それで冷風を使うことでキューティクルをしめてツヤが出るんだね。

 

洗髪したら、すぐドライヤーで乾かして冷風で一気にしめることが大切ですね。

これからは冷風も使ってツヤのある髪を目指しましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました