どうして北海道だけ道っていうの?【チコちゃんに叱られる】

テレビ

こんばんは!monです!

今回は【チコちゃんに叱られる】の

2018年5月4日(金)に放送された分の中から

どうして北海道だけ道っていうの?」を紹介したいと思います。

 

この日に放送された問題は、

 

1.こんにゃくの黒いつぶつぶってな~に?

2.なんでタンスに小指をぶつけるの?

3.子供はなんで寝相が悪いの?

4.どうしてクジラは大きいの?

5.どうしてドライヤーに冷風があるの?

6.どうして北海道だけ道っていうの?

 

の6つでした!

 

確かになんで北海道だけ道なんだろう

 

スポンサーリンク

【チコちゃんに叱られる】出演者

メインMC チコちゃん(声:木村 祐一)
出演 岡村 隆史
リポーター 塚原 愛 アナウンサー
語り 森田 美由紀 アナウンサー
ゲスト

木村 佳乃

河北 麻友子

滝藤 賢一

スポンサーリンク

質問『どうして北海道だけ道っていうの?』

 

答え

「でっかいどうだから」

 

解説

解説は、北海道の歴史が専門の 谷本晃久 教授。

 

明治時代まで五機七道と蝦夷の地とされていた。

「道」とは広い範囲を表す言葉でもあるとのことです。

 

日本では奈良時代から「道」という言葉で地域を分けており、それが『五機七道(ごきしちどう)』と呼ばれていました。



畿内 東海道 東山道 北陸道 山陰道 山陽道 南海道 西海道

  cocoancoさんによるイラストACからのイラスト

五畿七道(ごきしちどう)とは、古代日本の律令制における、広域地方行政区画である。畿内七道(きないしちどう)とも呼ばれた。
1869年(明治2年)、北海道 (令制)が新設されてからは五畿八道と呼ばれる(道 (行政区画)#令制後)。
1871年(明治4年)の廃藩置県以降も、五畿八道は廃止されておらず、令制国も併用されていたが、1885年(明治18年)以降はすたれ、現在は、五畿八道としての地方区分はあまり用いられなくなっている。
しかし、現在の日本各地の地方名の多く(東海、東山、北陸、山陽、山陰、北海道など)は、五畿八道に由来している。また、東海道新幹線や山陽新幹線、北陸自動車道などの交通網や、今後想定される東海地震や南海地震、また地震発生帯の南海トラフなどの名称にもその名残が見られる。

(Wikipediaより抜粋)

 

京都を中心とする5つの国を五機

それ以外の地域を東海道や東山道、山陽道などの7つの「道」に分けていました。

 

その「道」という単位の下に国があるという行政区分で政治を行っていました。

 

この分け方は明治時代の初めまで続いていました。

 

でも、ここに北海道は含まれていませんでした。

というのも北海道は当時、蝦夷の地

 

日本から見て異民族が住む、外国の地と見られていました。

 

江戸時代に北海道の南端にあった松前藩までが日本の領地で、そこから先はアイヌの人々が住む場所で日本の領域とは考えていませんでした。

ロシア帝国の勢力拡大により、日本の領土として「北海道」と名付けた。

ロシアの進出をきっかけに北の国境を定めることにしました。

 

18世紀以降シベリアまで勢力を拡大したロシア帝国。

さらに南下してその勢いは蝦夷地にまで及び始めました。

 

そこで、明治政府は日本的な地名を付けることで日本の領土と主張することにしました。

 

そして五機七道に続く8番目の「道」として【北海道】と名付けられました。

 

なぜ他の「道」は都府県に分け、北海道だけが残ったのか?

実は明治時代に北海道を3つ県(函館県、札幌県、根室県)に分けました。

 

しかし、北海道は本当にどっかいどう。

 

北海道の大きさは、17都府県がすっぽり入るサイズ。

土地は広いんだけど、当時の人口は少なかったのです。

 

例えば、明治15年頃の人口は、函館県「14万人」札幌県「6万人」根室県「1万人」。

人口が少ないのに役人の数は同じということで大変なコストの無駄が発生しました。

 

3つの県では効率が悪いということで1つにまとめて今に至ります。

 

北加伊道の字が海に変更されて北海道。

北海道の名付け親

伊勢の国 三重県生まれの探検家 松浦武四郎(1818~1888)

四男坊だったので気楽で旅好き。

 

28歳から13年間で6回の蝦夷地探検、150冊以上の膨大な記録を残しているそうです。

 

アイヌ文化に溶け込んで記した直筆の挿絵もあり、そこには貴重な文化や暮らしが描かれています。

 

そして極め付きが13年間の探検の集大成である詳細な蝦夷地の地図「東西蝦夷山川地理取調図」。

 

川の流れや地形、土地の高低差まで細かく描写されており、9800にもおよぶアイヌ語の地名も記録されていました。

 

その評判は蝦夷地を知る第一人者として明治政府にも知られ、新たな地名の案を考えるよう要請を受けました。

 

候補は、千島道(ちしまどう)、海北道(かいほくどう)、東北道(とうほくどう)、北加伊道(ほっかいどう)、海島道(かいとうどう)、日高見道(ひたかみどう)の6つでした。

 

中でも松浦は、北加伊道(ほっかいどう)には特別な思いがありました。

 

加伊(かい)とは、「この国(土地)に生まれたもの」という意味があると、ある長老から話を聞いていたからです。

 

「日本の北にあるアイヌ民族のみなさんが暮らしてきた大地」という思いを込めたとのことです。

 

最終的には字は海に変更されたものの「ほっかいどう」の地名が採用されました。

 

という訳で、北海道だけ「道」なのは『どっかいどうだから』でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

日本が元々、五機七道と言われる地域で分けられていることを初めて知りました。

その時代には北海道というのは存在していなかったのも驚きですね。

 

ロシアの勢力拡大により、蝦夷の地を日本の領地として定めたことにより北海道が出来たんですね。

 

原案の北加伊道(ほっかいどう)の加伊という字の意味「この国(土地)に生まれたもの」がとても素敵だなって思いました。

字は変更になってしまったけど、そんな意味があることを知れたことがよかったですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました