【チコちゃんに叱られる】なんで枕を使うの?

テレビ

こんばんは!monです!

今回は【チコちゃんに叱られる】の

2018年4月7日(金)に放送された分の中から「なんで枕を使うの?」を紹介したいと思います。

 

この日に放送された問題は、

 

1.どうしてパンダは白と黒なの?

2.「どっこいしょ」ってどういう意味?

3.なんで枕を使うの?

 

の3つでした!

考えたこともなかったけど、なんで枕を使うんでしょうか。

スポンサーリンク

【チコちゃんに叱られる】出演者

メインMC チコちゃん(声:木村 祐一)
出演 岡村 隆史
リポーター 塚原 愛 アナウンサー
語り 森田 美由紀 アナウンサー
ゲスト

大竹まこと

高橋みなみ

スポンサーリンク

質問『なんで枕を使うの?』

答え

「ヒトが二本の足で歩くから」

 

解説

今回の解説は、東京大学総合研究博物館の 遠藤 秀紀 教授。

体の進化を研究している先生だそうです。

以下、専門家の解説。

 

猿から猿人へと進化し、直立二足歩行を始める

ヒトは約440万年前に猿から猿人へと進化しました。

 

進化前の猿は、木の上で生活をしていました。

木の上では、枝から枝に手を伸ばしたり落ちないようにバランスをとるなど、とても繊細なバランスが必要だったんです。

 

その結果、運動神経と感覚が研ぎ澄まされ、段々と二本の足でバランスよく動けるようになりました。

これが、現在考えられている進化の過程です。

 

直立二足歩行になり、骨格が変化。

特に重い頭を支えるため、上からの圧力を分散できるように背骨がS字になりました。

 

また、直立二足歩行になったことにより両手が自由に使えるようになる。

さらに、直立したことで喉頭が落ち込み、のどの奥の空間が広がってより複雑な音を出すことが可能になり、言葉を話せるようになりました。

 

手を使った複雑な作業、言葉を使ったコミュニケーションが脳を大きく発達させる

手を使った複雑な作業、そして言葉を使ったコミュニケーションなどが脳を刺激し、脳(頭)が大きく発達する。

 

しかし、直立二足歩行によって、からだ全体の形が変化。

四足歩行の動物の主な寝方は、気道の関係で前かがみ、うつぶせ、横向きなど。

 

ヒトは進化した体の構造のせいで頭を横に向けなければならないなど、うつぶせ寝がしづらくなってしまった。そこで自然と仰向けに寝るようになったようです。

 

仰向けに寝ると、今度は後頭部と地面に隙間が生まれる。

その違和感を解消するため、枕を使用し始めたそうです。

 

約400万年前の猿人の頭蓋骨と一緒に枕のような石が発見されたという報告もあるそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

猿から猿人へと進化し、直立二足歩行を行えるようなった。

直立二足歩行になったことにより、両手が自由に使え、のどの空間が広がり複雑な音も出せるようになった。

 

そのことにより、脳が発達したため、頭が重たく四足歩行時代のうつぶせ寝ができなくなり仰向けで寝るようになりました。

 

そこで仰向けに寝ると地面との隙間があり、その違和感を解消するため枕を使用するようになりました。

 

約400万年前の猿人の化石といっしょに枕が発見された報告もあり、枕とは人類誕生の過程でなくてはならないものだったと言えそうですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました