てるてるぼうずって何者?【チコちゃんに叱られる】

テレビ

こんばんは!monです!

今回は【チコちゃんに叱られる】の

2018年5月11日(金)に放送された分の中から

てるてるぼうずって何者?」を紹介したいと思います。

 

この日に放送された問題は、

 

1.どうして刑事をデカというの?

2.てるてるぼうずって何者?

3.なんでダメな医者をヤブ医者っていうの?

4.なんでパイロットは帽子をかぶってる?

の4つでした!

 

小さいころから思ってたけど、てるてるぼうず見てると悲しくなる。

スポンサーリンク

【チコちゃんに叱られる】出演者

メインMC チコちゃん(声:木村 祐一)
出演 岡村 隆史
リポーター 塚原 愛 アナウンサー
語り 森田 美由紀 アナウンサー
ゲスト

紫吹 淳

大竹 まこと

スポンサーリンク

質問『てるてるぼうずって何者?』

 

答え

「悲劇のヒロイン」

 

解説

解説は、富士山曹洞宗法林寺の住職 千葉公慈さん。

 

「てりてり坊主」で天を照らす法師

江戸の書物には、「てりてり坊主」で天を照らす法師だったそうです。

 

天を照らす法師 → 天照る法師 → 照り照り法師 → 照る照る法師 → てるてるぼうず

 

唐の国では、掃晴娘(サオチンニャン)という。

もともとは中国の民間信仰でした。

 

江戸時代の儒学者 榊原篁洲(さかきばらこうしゅう)の書いた『榊巷談苑』によると

この国(日本)の女たちは、雨が降りやまないときに照法師というものを作って晴れを祈る。唐の国では、掃晴娘という。」と記載されています。

掃晴娘(サオチンニャン)とは?

昔の中国のお話です。

 

掃晴娘は、両手に持つほうきで雨雲や災いを払う少女の切り絵で、雨が降り続くとテルテル坊主のように軒下につるしました。

 

掃晴娘の悲しい物語

 

掃晴娘は、頭が良く手先が器用で切り絵が得意でした。

あるとき、北京に大雨が降り人々が困り果てたよう。

 

掃晴娘は、雨が降り続く天に向かって願いました。

「どうか雨が止んでください。このままではみんな困ってしまいます。」

 

すると、天から使いの声が

「雨を降らせる力を持つ雨の神が、あなたを妃にと所望されている。」と

 

掃晴娘は、町の人々を救うため犠牲になりました。

そして雨が止み、空は一面晴れ渡りました。

 

なぜ、白装束で坊主なのか?

なぜ、白装束の坊主に変わってしまったのか。

 

やはり仏教の世界で、女性から坊主になり、また修行の時に着る白装束が現在のてるてる坊主の形になりました。

 

中国の人でも「掃晴娘」は知らないが、てるてる坊主を知っている。

番組の、海外ロケで中国の北京で街頭インタビューをしていました。

この「掃晴娘」を軒下につるす風習は知っているか?と質問!

 

結果

中国人は誰も知りませんでした。

 

でも、てるてる坊主は、聞いた中国の人はみんな知っていました。

これは、テレビアニメ「一休さん」の影響とのことです。

 

中国でも「一休さん」は有名なんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

てるてる坊主のルーツは、唐の国の掃晴娘なんですね。

 

でも、中国の人も知らないなんてビックリでした!

しかも、てるてる坊主は知っているということも!

 

日本のアニメって凄い影響力がありますね。

てるてる坊主のルーツは、唐の国の掃晴娘ってことを語り継いでいきたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました